0.2mmの芯が折れない不思議なシャープペン ぺんてる「オレンズ」を使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

文房具屋で、芯の太さ0.2mmの極細シャープペンを見つけました。

あまりにも芯が細いので、使うときには芯を出さずに使います。

でも書けるんです。不思議でしょ?


スポンサーリンク




芯を出さずに書く

芯を出さずに書くというのは不思議な感覚。

そして細かい文字が凄く書きやすい!

外観と、裏面の説明。

極細のパイプの先端部分が滑らかになっていて、シャープペンの芯を保護しながら書けるようになっているわけです。

で、芯が減るとパイプも引っ込んで行くので、普通のシャープペンよりも芯を出すためのノックの回数は減ります。

 

「芯を出さずに書け!」というシールが貼ってあります。すぐにはがしましたけど。

説明読まない人が多いだろうからこういうシールは必要なんでしょうね。

 

ちなみに、ぺんてるのサイトには正しい使用方法が載っています。

 

 

スポンサーリンク




 

公式動画による商品紹介

ぺんてるの公式動画です。2分16秒。

「キレイなノート作りのために誕生した」と紹介されています。0.3mmのタイプもありますね。

 

 

0.2mmの芯はどのくらい細い?

通常の0.5mmの芯と並べた写真です。

左が0.2mm、右が0.5mm。

 

左から、私の前髪(貴重)、0.2mm、0.5mm。

ちなみに髪の毛の平均的な太さは0.08mmだそうです。これも多分そのくらい。

 

線を書いたところ。

普通の力加減だと、0.5mmよりも7割程細い字が書ける感じです。

力加減によって、0.5mmでは書けない程の細い線を書くことができます。

 

細いので製図や作画などの作業に向いているのかもしれませんが、メモを取ったり文章を書いたりするのにも充分書きやすいです。

ペン先のパイプの部分が滑らかなのがいいのかもしれません。

ペン先の金属の部分で書く感触なので、普通のシャープペンのように芯が折れる心配がありません。

 

芯が詰まったら

芯が短くなってペン先で詰まってしまったときのために、本体にはちゃんとほそーい針金が用意されています。

芯詰まりの対処方法についても、ぺんてるのWebサイトにちゃんと説明が載っていました。

 

 

大人だってシャープペンは使う

商品の紹介動画には女子高生が登場しているので、このタイプは中高生がターゲットなんだと思います。

 

でも他にメタリックタイプやラバーグリップのついたタイプもあるので、大人でもいろいろ選べます。大人だってシャープペンは使いますからね。

 

私は普段、会議のときはノートパソコンだけを持って、筆記用具を持たないことが多いです。

議事録はOneNoteにまとめていますし、会議資料はほとんどがエクセルかパワポです。

 

でもそれは、すでに提案された課題に関する議論に使われる道具。

アイデアを出す作業を行うときは、やはり「手で文字を書く」という作業が必要です。

きっと脳の使い方が違うんだと思います。

 

 

3色ボールペンを使ってうまく情報をまとめる人もいますけど、いまいち苦手なんですよね。

なのでこのシャープペンを使って「キレイなノート」を作りたいと思います。

引用:ぺんてる
動画:Youtube

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください